ネジやボルトなどの不良品検査

画像認識とピッキングの連動で不良品率の改善に貢献します。

多品種、大量生産が必要なネジやボルト、釘などの生産現場においては、不良品の検査・ピッキングの制度とタクトタイムの短縮、検査後のフローの構築が求められます。

当社では、精度・スピード・後工程との連動などお客様の求める要素に合わせ最適な検査システムをご提案させていただいております。

ネジ・ボルトの不良品検査

パターンマッチングやAIによるビッグデータ解析などで不良品を認識していきます。

認識した画像をソフト的に解析し、正常な製品とのパターンマッチングを行います。

不良品と判定するパターンをしっかりと定義付することで不良品判定の精度を調整することが可能です。

また、製品を検査する際の導線や検査システムへどのように製品が搬入されてくるかなども実情に合わせ、整列されていない製品群へのアプローチや複数の種類が混在する中でのアプローチなどもご提案させていただきます。

WordPress Lightbox
タイトルとURLをコピーしました