樹脂・プラスチック部品製造業界での画像検査

樹脂・プラスチック部品を成型する際には金型との接合不良や異物の混入など不良品リスクが存在します。

素材や色、形状によっては画像として撮影することが困難なケースもあり、多面的な解析が求められたり、複数の色や形状に合わせたソリューションの設計が必要になることもあります。

また、透明素材の場合、目視では見落としがちな汚れやシワなどが発生するケースもあり、より高精度な樹脂・プラスチック製品の製造のためにも光学的なあぷりーちに工夫が必要です。

アイキューブテクノロジでは、

樹脂・プラスチック容器の黒点・汚れの検知

射出成形時や切削や転造などの加工時に完成型からはみ出るバリの検査

樹脂・プラスチック製品表面の印字の汚れ・かすみ・ずれの検査

シート・フィルム製品のピンホールや汚れ、シワの検知

塗料のムラ、変色(カラーストリーク)

ラベルなどの有無・品種・傾き

といった、樹脂・プラスチック製品特有の製品不良に対する画像解析を用いた検査・ピッキングソリューションをご提案しています。

WordPress Lightbox
タイトルとURLをコピーしました