金属面の傷やクラックの認識

様々な素材や表面の状態に合わせた最適な検査環境を実現します。

金属部品の場合、表面が平坦な形状の場合、傷やクラックを識別することは比較的容易です。

しかし、表面が梨地状のものやヘアライン状のものの場合、単純な画像では背景と傷やクラックが混同してしまい、認識する事が難しくなります。

金属表面が平坦な場合、傷やクラックの認識は比較的容易です。反射の多い素材の場合には光源と光学カメラの位置によっては傷やクラック部分が反射領域に移りこんでしまう場合があります。

金属表面が梨地状の場合、表面の凹凸が陰影を作ってしまい、傷やクラックが陰影に隠れてしまいます。光源の位置を工夫することで陰影の差異を少なくし、パターン認識などのソフト的なアプローチで判別していきます。

金属表面にヘアライン状の模様がある場合や、研磨加工がされていない場合など傷やクラックと金属地面の模様との差別化が困難な場合もあります。ソフト的なアプローチも必要ですが光源の色や種類を変えることでより傷やクラックを認識しやすい工夫をすることもできます。

ハード面での光学的アプローチ

金属部品の場合、通常の光源を照射した場合に、表面にライトが反射してしまいそのまま画像認識した場合に映り込みや光の拡販で正確な画像を認識できない場合があります。

当社では検査環境を忠実に再現し、実際の対象物の撮影に光学的にアプローチすることで、最適な画像認識環境を実現しています。

製造や検査の現場は、それぞれに環境光の状況や、搬入などの製造ラインと検査装置の位置などが全く異なります。画像を認識するためには対象物が最も検査しやすい状況を作り出すことが最も重要です。

当社では、実際に検査する環境をラボ内に再現し、様々な光源環境を試行することで、個々の製造・検査環境に合わせた最適な撮影・検査条件を策定しています。

左は通常の光源とカメラで撮影したステンレス部品の表面です。金属面にカメラなどが反射し写りこんでいます。このままでは傷やクラックが映り込み部分に隠れてしまう可能性があります。
右はライトの位置を変え、反射板などを使用し同じ角度から撮影した画像です。光学的なアプローチで金属面の反射を無くし、より傷やクラックを発見しやすい環境を作り出しています。

WordPress Lightbox
タイトルとURLをコピーしました