当社の特徴

ソリューションベンダーしての取り組み

画像認識のニーズは自動車の自動走行システムや、顔認証システムなど様々な分野で急速に拡大しています。

画像を分析し認識するアルゴリズムも非常の多くの手法が開発され、日々進歩しているのが現状です。

製造現場における画像認識の技術は主に製品検査のシーンで求められており、今後省人化や無人化が進む中でより拡大が見込まれている分野です。

しかし、実際の製造現場では、製造ラインの仕様や環境などがそれぞれに全く異なり、必要とされる画像検査の精度や速度、装置の大きさや使い方、検査データのロガー方法など、製造現場ごとに異なっています。

多くの場合、高額な検査ユニットを導入しても、実際の製造ラインの中の検査フレームでは、その性能を完全に活かせることができていません。

セット販売されている画像処理ユニットを導入した場合、非常に精度の高い検査制度がありますが、特定の不具合事象に特化した機能になってしまうことや、閾値設定が非常に難しく、検査ユニットが個々の製造ラインに完全にFIXしていない事が原因です。

汎用・既製品の画像検査の代表的な問題点

  • 画像検査の工程では、検査を行う方の人数や経験度によって求められるインターフェイスが異なることが多い。
  • 検査工程の作業スペース、生産ラインとの位置関係などにより検査ユニット筐体にも制限がかかる。
  • 工場全体や検査レーンの明るさなどにより、既製品の検査ユニットでは求める精度が発揮できないことがある。
  • 検査対象によっては、既製品の画像検査ユニットではオーバースペックになる場合もある。
  • 汎用性のある既製品の検査ユニットの場合、不要な機能があり、結果的に作業効率を落としてしまうことがある。

画像検査装置に合わせるのではなく、実際の製品検査の現場に合わせた画像検査ソリューションを設計する

01お客様の仕様に合わせた自社設計

製品検査は企業の信頼に直結する非常に重要なファクターです。

従来、製品検査に熟練した人の目で行ってきた工程を自動化する事は大変なリスクが発生します。

不完全で製造現場にFIXしない検査装置を使用した結果、不良品率の改善が見られなかったり、検査制度が悪化することも発生しています。

このことの原因は、製品検査の実際のシーンにFIXしていない検査装置を導入してしまったことにあります。

汎用性の高い既成の画像検査ユニットの場合、現場に合わせて調整できる項目に限度があり、どうしても妥協しなくてはいけない部分が発生します。

アイキューブテクノロジでは、個社ごとの製造現場や検査工程に合わせた検査装置の開発に始まり、実際に工場に搬入した上での調整・問題点の改善を繰り返すことで、お客様の求める画像検査・ピッキングのご要望に完全にお答えすることを実現しています。

検査制度に関しても柔軟な閾値設定をすることが可能です。また複数の欠陥の組み合わせ検査やデータとの紐付け、ビッグデータを利用したディープランニングの実装など拡張性が高いことも特徴です。

アイキューブテクノロジの制作する画像検査ユニットは、汎用の光学カメラや照明を有機的に組み合わせ、必要な画像解析ソフトと組み合わせることで実際の使用環境に合わせたオンリーワンの画像検査ユニットを提供しています。

02機械を納品するだけではなく、その先にある問題解決に目を向ける

画像検査に関して現在の技術を利用すれば、対象物を撮影し、画像処理するだけであればそれほど難しいユニットにはなりません。
しかし実際には高額な画像検査ユニットを導入しても、工場の片隅でほこりをかぶっていることもしばしば見受けられます。
当社にご相談いただく多くの企業様が
「検査装置を導入したけど、計画通りうまくいかなかった」
「導入した当時は良かったけど、段々不具合が出てきた」
「検査項目の多様化や検査対象の変化に追いつかなくなった」
と悩みをお持ちでした。

アイキューブテクノロジは、画像検査装置を販売して終わるのではなく、画像検査装置を利用した「お客様の問題解決の方法」を徹底的に追及していきます。
画像検査装置を通して、お客様の課題解決を目指すことがアイキューブテクノロジの最大の特徴です。

03お客様の課題解決を実現する開発ラボ

アイキューブテクノロジーの開発ラボでは、お客様からの画像検査に対するご要望を徹底的にヒアリングし、自社内にお客様の実際の画像検査の現場を再現することから始まります。

工場全体の明るさや、検査レーンに搬入される検査対象物の量や大きさ、搬送ラインと検査装置の距離や角度を忠実に再現したうえで、求める精度を実現するために必要なユニットを構成していきます。

徹底した事前検証でお客様のニーズにお応えしています。

アイキューブテクノロジでは、丁寧なヒアリングの元、お客様のニーズを慎重に判断し、自社内のラボで徹底的に事前検証を行います。

その結果、他社では実現できないオリジナルの商品開発を行い、お客様のご状況に合わせたソリューションを開発することが可能です。

また、ソリューションベンダーとして、機器を搬入して終わるのではなく、検査機器などが実際に稼働する上での問題点を発見し、改善につなげるところまでお手伝いさせていただいております。

画像検査システムをはじめ、各種デバイスの統合、制御システムの開発、電気制御組み込み設計の実施など、ファブレス(fabrication facility less)企業としての強みを活かし、自社開発・製造を行っているところが当社の最大の特徴です。

WordPress Lightbox
タイトルとURLをコピーしました