自動車部品業界での画像検査

金属製部品から樹脂製部品まで幅広い分野で製造現場のタクトタイムを大幅に削減し不良品率の軽減に寄与します。

自動車は数万点に及ぶ様々な部品の集合体です。

特に近年では自動車自体の機構が複雑化しており、使用されるパーツには完全な精度が求められています。

アイキューブテクノロジでは、

カムシャフトなどの金属製鍛造部品の表面の傷やクラック、打痕・巣穴の有無。

Oリングなどゴム製品の寸法違いやエアキズ、離型傷の有無。成型時の異物混入。バリや接合部の不良などの検査

ワイヤーハーネスの寸法、使用部品の正誤、端子の挿入具合、圧着・圧接・半田などの加工状態、汚れキズの有無、銘板など正誤や色の検査

リングギア、ドライブプレートなどの寸法検査、スクラッチ幅、ディグの直径の確認

インパネなど樹脂成型品の糸引き・ゲート残り、異品種、部品違い、印字不良や傷・クラックの有無

液晶パネルの異物混入、挟み込み、フレーム変形、テープ破れ。ガラス表面や偏光板の傷や汚れの検査

など、それぞれの製造ラインで最適な検査ソリューションをご提案しています。

WordPress Lightbox
タイトルとURLをコピーしました